包茎の種類による治療内容や料金の比較

普通の包茎手術だと安価でも見た目に拘ると高額になる

包茎にも種類があり、真性・仮性などによって治療内容も異なるので最初にカウンセリングでよく確認が必要です。
例えば美容整形外科医以外でも行える普通の包茎手術なら安価ですが、見た目が悪くなるツートンカラーになるリスクが高いです。
見た目も綺麗にするには亀頭直下式というのがありますが、これもVカットやTVカットなどがあり料金も異なります。
また、別のクリニックを比較するとクランプ式やフリーハンド式もあり、これもどのような内容かを詳しく聞かないとわかりません。
ある病院だとツートンカラーになる方法自体行ってなく綺麗に仕上がる方式しかないところもあります。
こういう病院だと迷うこともありません。

真性包茎だと、1回も亀頭を出したことがない包茎で皮と亀頭が癒着しているのでこの場合は早めに治療を受けた方がよく手術自体も時間がかかります。
真性包茎だと失敗を防ぐためにも、色々なクリニックの治療内容を比較してみて後悔しない選び方が重要です。

包茎の治療費はクリニックでかなり違いがあるので比較は大事

包茎の治療にかかる費用ですがこれはクリニックごとにかなり違いがあるため比較は大事です。
ある病院だと86万円、別のところだと100万円や最大で173万円などとても同じ包茎の治療とは思えないほど料金に違いがあり高いです。
高額になると最大で220万円以上かかるところもあり、そのまま他の病院を受けずにそこに決めてしまうと後悔することになります。

費用の差は、治療が難しいことや増大治療でのヒアルロン酸を注入、傷を綺麗にするためのベビーコラーゲンなどがありこれは手術代とは別料金です。
高額な費用になる理由にはほかにも病院の宣伝費などが上乗せされている場合もあります。
このあたりもいくつかのクリニックを比較してみないと、提示された金額が本当に妥当なのかもわかりません。
あるクリニックだと全て含めて費用は60万円くらいと比較的安価で行っているところもあります。
勿論、あまりにも激安なのも不安ですが、高額過ぎるところも注意です。

まとめ

包茎にも、仮性包茎や真性包茎と種類があって治療方法も違います。
また、クリニックによっても治療内容が異なり、より見た目を美しくしたり亀頭を大きくしたりと別の方法なども行ってその分費用が高額になるところも多いです。
失敗を防ぐには、やはりいくつかのクリニックを回ってみて、実際に本当にその治療が必要で料金設定も他と比べて妥当なのかを比較することです。
実は不要なのに、利益を出すために別のオプションを付けて勧めてくる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です