さまざまな包茎の種類をわかりやすく比較して説明

包茎と聞くと恥ずかしいというイメージが強いかもしれませんが、実は日本人男性の8割は何かしらの包茎であるとされています。
包茎とは包皮が亀頭に被さっている状態のことを指していますが、締め付けの強さや癒着などにより、三つの種類に分類されます。
この中でも一番多いタイプが仮性包茎であり、手術の緊急性はないものの、包茎手術を受ける男性の大半がこちらのタイプです。
二つ目の真性は性行為の問題や衛生面などから手術の必要性が高く、三つめのカントン包茎に至ると緊急的な手術を必要とするケースもあります。
まずは自分がどの包茎のタイプにあたるのかを確認し、比較することが大切です。

日本人男性に一番多い仮性包茎

三つの種類を比較したときに、日本人男性に一番多いタイプが仮性包茎と呼ばれるものです。
普段は亀頭が皮で覆われているものの、勃起した際には亀頭が露出する状態を指しています。
正常に性行為を行うことはできますが、普段は亀頭が露出していないので刺激に弱くなっていて、早漏になりやすいのがひとつの特徴です。
それと同時に亀頭の粘膜も弱くなっているので、剥けている状態の人に比べると、性病や性感染症などにかかる確率も高まります。
亀頭が皮に覆われている状態は不潔になりやすく、多くの病原菌を繁殖させる原因にもなります。

仮性包茎方法時することで及ぼす弊害としては、まず第一に亀頭包皮炎が挙げられます。
わずかな刺激でも皮膚にダメージを受けて炎症を起こしやすくなるため、亀頭炎や包皮炎などの症状にかかりやすいでしょう。
そして二次性真性包茎と呼ばれるもので、包皮炎を繰り返すうちに、次第に包皮が萎縮してしまい、亀頭を露出できない状態になるケースも見られます。
仮性包茎でもあってもウイルスや細菌による影響を受けやすく、通常のタイプと比較すると性病や性感染症などの感染確率も高まります。
性行為においては早漏の原因になるとされています。

早期的に包茎手術が必要となる真性包茎

二つ目の種類が真性包茎と呼ばれるもので、これは通常でも勃起の際にも常に皮を剥くことができないため、皮の中に隠れた亀頭を見ることさえできないものです。
包皮口が非常に狭くなっている、もしくは亀頭と包皮がくっついている状態となっています。
これを放置すると亀頭包皮炎が慢性化してしまい、多くの泌尿器疾患の原因にもなりえるでしょう。
それ以外にも亀頭と包皮の癒着が発生する可能性もあります。
正常な性行為も行えないことから、早期的に包茎手術が進められています。
真性包茎の治療には包茎手術しかなく、手術や治療の必要性は比較的非常に高い状態と覚えておきましょう。
真性包茎が及ぼす弊害としては、仮性包茎と同じように亀頭包皮炎や性感染症などが考えられますが、尿路感染症にも陥りやすいと言われています。
細菌が繁殖して尿道から尿路に簡単に侵入しやすくなっていて、尿路感染症をきたす可能性も高まります。
進行すると精巣上体炎や膀胱炎と腎盂腎炎などになることもあり、場合によっては命に関わる重い病気を誘発する可能性もあるため注意が必要です。
包皮の先端が極端に狭まっていることから、性行為において痛みを感じないこともあります。
性行為として成立するものの、細菌を溜め込んだ状態のまま行えば、女性の性感染症を誘発する原因になったり、妊娠する可能性が低くなることも考えられます。

緊急手術が必要なカントン包茎

包皮を無理に剥いて亀頭を露出したことが原因となり、強い締め付けによって元に戻せなくなり、亀頭がうっ血して包皮が膨れ上がった状態のことをカントン包茎と呼んでいます。
これをこのまま放置してしまえば、亀頭が壊死を起こすことになる為、緊急的に手術を受ける必要が出てきます。
むいただけでこのようにならなくても、勃起した際に締め付けによって痛みや違和感を強く感じる場合にも、これに該当するでしょう。
正常に性行為を行えないことや危険性などを考えた場合には、包茎手術や外科的な治療で改善することが求められます。
カントン包茎の状態になった場合には、血行が阻害されていることから、そのまま放置すると包皮が亀頭部分が壊死し、さらに重い症状を引き起こす可能性もあります。
早急に医療機関で処置を受ける必要があるでしょう。
機能の面から比較すると、亀頭を完全に露出することができないのため、性行為自体は行うことができ痛みを伴うことも少ないですが、万が一性行為の際に亀頭を露出すると締め付けられる痛みや皮膚が引き裂かれるかのような痛みを生じることが多く、かなり危険を伴うでしょう。
包茎手術や治療の必要性がかなり高い状態であり、今すぐにでも医療機関を受診する必要があります。

まとめ

このように一言で包茎といっても、様々な種類のものがあることが分かります。
現在真性包茎やカントン包茎で悩んでいるのであれば、放置して重い症状に移行する前に、すぐにでもクリニックを受診するようにしましょう。
また仮性包茎の場合でも、現在は特に支障がなかったとしても、非常に不衛生な状態であることには間違いありません。
パートナーに辛い思いをさせる可能性もある為、早い段階でクリニックを受診することを考えましょう。
外科的措置を取らなくても良い方法を提案してもらえる可能性もあるため、まずは一度相談することが大切です。

参考サイト
包茎手術のカウンセリング体験【比較で判明!最適クリニック】
https://www.ccs-uhm.org/